10年目の決意

ア・ラビット・サイエンスは22日で創業10年目に入りました。10年前の大学の状況から、元素分析利用の不便を解消すること、技術をキープすることを目的に起業しました。ベンチャー起業の情報にインターネットで出会い、東工大ベンチャープラザを見学しに行ったのが始まりでした。現在、状況が改善され利用の不便さは解消された様子なので、新しい利用の分野を開拓しようとしております。超微量分析技術はどういう分野でどういう風に利用できるか,啓蒙と普及が目標になりました。超微量分析(1mg以下で分析する方法)はCHN元素の絶対量が少ない試料の検量も可能になります!