新着情報

理論値にピッタリ合うためのお話

分析結果がCHNともぴったり合ったお話を書きました。その研究室をご紹介します。龍谷大学理工学部岩澤哲郎先生の研究室http://www.chem.ryukoku.ac.jp/iwasawa/  です。 サンプルを出された … [続きを読む]

理論値にぴったり合ったお話

分析値はいろいろな誤差が積み重なって測定値はある範囲にばらつくのが通常です。しかし、時に思わぬ偶然がおこり、エキサイトすることがあります。本日は検量線用の標準試料のデータがきれいだなあと思っていたら、最初のサンプルがCH … [続きを読む]

元素分析への研究者の盲点のお話

構造の確定したきれいなサンプルだから元素分析が合わないのはおかしいとよく言われるので、今回は研究者の盲点のお話です。有機元素分析は医薬品合成研究に欠かせない基礎データですが、あまりその方法について学ぶ機会がないようです。 … [続きを読む]

細心の注意

分析用のものを注文して数か月届かず、クレームをいれたところ、細心の注意をして今後は対応しますと若い方からメールありました。営業の方から頂く言葉として違和感がありましたが、確かに細心の注意をして頂ければ解決できたことでした … [続きを読む]

女性の力のお話

日本の女性の働く力が先進国の中で最下位のようです。日本国政府は女性の起業を勧めてくれているようでどんな支援策があるのか私も経営者として注目しています。今回は私が所属しているYWS(横浜女性起業家スクエア)のお話ですが、発 … [続きを読む]

塊は燃えにくい

弊社有機元素分析は前処理済みの試料で分析している。持ち込まれたサンプルを見ていると、元素分析を理解されない研究者が多いと感じる。固体サンプルのベストな状況は粉状にして十分乾燥することであるが、結晶のまま、あるいは塊のまま … [続きを読む]

平成30年になりました

新年おめでとうございます。 いつもの年より早い依頼がきております。年末年始を閉鎖期間にしないで頑張っておられる研究者の空気を感じて、気合が入りました。ありがとうございます!今年も真摯に分析業務を頑張ろうと思いますのでよろ … [続きを読む]

こんな善意で助かりましたお話

昨日大変困ったことになりました。分析にはいろいろなツールが必要で、どれが欠けても分析作業ができないのでいつも気を付けているのです。慌ててメールで「○○がなくてパニックです」とストレートに送りました。ビジネスメールの注文と … [続きを読む]

研究者からメッセージいただきました!

おかげさまで、その後、X線結晶解析により物質の同定ができました。アルミニウムの3シュウ酸>配位錯体でした。錯体とは思っていませんでしたので、元素分析も難しかったと思います.(京都大学 平井伸博) 投稿した論文 K. Ni … [続きを読む]

元素分析の良好な結果をえるには

いろいろな研究者からサンプルが送られて来ます。良い結果を出しているところはやはり元素分析をよく理解されていて、再結晶や乾燥を理想的に行って元素分析が学生の教育に組み込まれていると感じます。結果が良かった場合にみんなで 喜 … [続きを読む]